女性用

フェロモン香水は男性向け以外にも、女性向けとして販売されています。
女性でも奥手な人や口下手な人は居ます。恋愛経験が少ない人ほど、人との距離やコミュニケーションに慣れていないことが有ります。
恋人やパートナーが居る人でも、相手の意識が高められないとデートをしても食事が済めば何事も無く解散することに悩む人も居ます。
何かのキッカケが有れば行動できる、という人でもフェロモン香水はおすすめです。… Read more

男性用

アルバイトや会社に勤めている人でも、異性との出会いや好みの人物と巡りあう機会に恵まれないことが有ります。職場内に異性が少なければ必然的に出会いは求められません。職場外でも人が集まる場に通わなければ出会うことができない場合も有ります。
突然もてはやされることも考えられないため、コミュニケーション能力が高い人で無いと話かけることや、キッカケを掴むことができません。
このような状況では口下手な人や奥手な人では、なかなか思うように行動することが難しくなります。… Read more

本能が感じるもの

香水は歴史が深く、昔から匂いの研究が行われてきました。香水を作るとき、匂いの元となる花から成分を抽出する方法が存在していました。
この方法によって香水が貴族や農民に楽しまれ、海を超えて商人の手によって広まっていったとされます。
匂いのサンプルとなるものに油を塗り、その油を削ぎとって容器に入れ、蒸留水を使って匂いだけ抽出されます。… Read more

歴史

昔はフェロモンの存在が知られて居らず、人間は言語やジェスチャーを使って意思疎通ができるので生成できないと思われてきました。
共通言語やジェスチャーができない動物や昆虫のみにフェロモンが有ると考えられ、それによって繁殖活動が行われたり、群れをなして行動してきたとされます。
しかし、人間にもフェロモンが生成されていると分かった後から、本格的な研究が勧められてきました。… Read more

魅力を感じさせる

人との相性を計るとき、趣味が一緒だったり食べ物の好みが同じだと愛着を感じ、相手への興味が出てきます。顔立ちや身長などの理想もそれに伴っていれば、恋愛に発展することも考えられます。
見た目が理想に合っているときに意識が変わることも有れば、本能的に意識することも有ります。
本能を動かすのに作用されるものとして、フェロモンが有ります。フェロモンは汗に含まれたりして周りに振りまかれます。
意識していなくても自然にまかれているので、特定の人から好かれる場合はフェロモンが働いている可能性が有ります。… Read more